J.P.モルガン、広島土砂災害の被災者を支援、福島産の米を届けることでもう一つの被災地も支援

Jan 28, 2016

PDF版はこちらをご覧ください。

2016128日、東京 J.P.モルガンとJPモルガン・チェース財団は、2014年8月に発生した広島土砂災害の被災地支援として、被災家庭に米を届けるプロジェクトに協賛することをお知らせします。

J.P.モルガンは、広島での土砂災害発生直後、日本でフードバンク活動を展開するNPO法人セカンドハーベスト・ジャパン(以下、2HJ)と連携し、被災者の方々への聞き取り調査を行い、支援内容について協議してきました。調査結果から、約60世帯(対象者約150人)の被災者に米を届けるプロジェクトに協賛することが現地のニーズに則していると判断しました。届ける米は福島県喜多方市の米農家から購入するコシヒカリ米6トンで、8ヵ月にわたり各世帯に毎月届ける予定です。

本プロジェクトは2HJが運営を担います。広島市での各家庭への配達は広島市の高校生災害復興支援ボランティア派遣隊の協力を仰ぎます。

今回の支援についてJ.P.モルガンの日本のシニア・カントリー・オフィサーである李家輝は次のように述べています。「今回のプロジェクトを通じて、広島の土砂災害被災者と東日本大震災の風評被害で苦戦している福島の米農家の絆が深まり、両地域の人々の生活再建につながることを願っています。」

# # #

JPモルガン・チェースについて

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー (NY証取: JPM) は総資産2.35兆ドルを有する世界有数のグローバル総合金融サービス会社です。投資銀行業務、金融取引資金管理業務、資産運用業務、コマーシャル・バンキング業務、個人・中小企業向け金融サービス業務において業界をリードしています。世界で展開する法人向け事業は「J.P.モルガン」、米国における個人向け事業は「チェース」ブランドを用いて、世界有数の事業法人、機関投資家、政府系機関および米国の個人のお客様に金融サービスを提供しています。また、当社およびJPモルガン・チェース財団は世界の様々な非営利団体や慈善団体の活動を支援しています。現在は、雇用創出につながる取り組みや就労支援、地域社会の発展につながる取り組みや起業支援、金融専門力提供による支援を中心に助成活動を行っています。

日本におけるJ.P.モルガンについて

日本においては、JPモルガン証券株式会社、JPモルガン・チェース銀行東京支店、JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社が事業を展開しています。投資銀行、債券・株式・為替取引、資金決済・貿易金融、資産管理の媒介、資産運用など幅広いサービスを法人のお客様に提供しています。日本におけるCSR活動は、JPモルガン・チェース財団による助成金を通じた支援と社員のボランティア活動が柱になっています。詳細はウェブサイト www.jpmorgan.co.jp をご覧下さい。

 

Copyright © 2019 JPMorgan Chase & Co. All rights reserved.